クレジットカードのリボ払いは危険?多重債務者が陥りがちなワナ

リボ払いは返済期間が長期化しやすい

リボ払いとは、毎月の支払額をほぼ一定額にする事で支払額が少なくなり返済しやすくなるというメリットがあります。しかし、注意しなければならないのは毎月一定額なのでなかなか、元金が減らずに返済期間が長期化してしまう危険性があります。

ただ、リボ払いで支払額を一定額にすれば物品を購入する時に計画が立てやすいのでリボ払いの仕組みをよく考えた上で利用するべきだと思います。リボ払いは、キャッシングリボ、ショッピングリボとありますのでカードを使う時に支払い方法を必ず確認しましょう。

正しく使えばとても便利なのがリボ払いです。

リボ払いは借金地獄への入り口

リボ払いは、非常に便利かつ商品の購入などを分割可能といった考えがありますが、利用方法を間違うと借金地獄に陥り易い問題があります。

リボ払いの問題は、クレジットカードだけでなく、カードローンでも起こり得るものであり、毎月に返済額を最低額に抑えると元本が減るどころか利息が膨らんでしまいます。

返済額が低額であることを捉え違いする場合、金銭感覚がマヒし、返済が出来ていれば問題無いと考えてしまいます。しかし、気付いた時には利用限度額が上限に達していることもあり、リボ払いは余裕がある時は繰り上げ返済することが騒がれています。

例えば、最低額が毎月3,000円であっても余裕がある月は20,000円、余裕がない時は3,000円と任意に変更することで、負担の分散になります。

実際に重要なことは、如何に借金を増やさず、利息も少なくして返済するかが重要であり、少ない金額でダラダラ返済することだけは絶対に避ける必要性があります。

リボ払い専用カードには、通常のカードよりもより特典がプラスされているようなケースもある

リボ払い専用カードには、通常のカードよりもより特典がプラスされるケースもあります。そもそも、リボ払い専用のクレジットカードの場合、実質年利が15.0%にせっていされているケースが多く、年間100万円の利用では最低でも15万円の利息が発生します。

しかし、実際には毎月の返済額に応じ、利息は変動するため、より高額な返済額を支払うこともあり得ます。そのため、リボ払い専用カードにおいては、金利優遇が受けられるものが多く、0.5%の金利が差し引かれるケースもあります。

0.5%は非常に少ない様に思えますが、毎月の積み重ねにより大きな利息差が生じ、実際にリボ払いにおいては前月度の利用残高に応じ金利が変動することで、将来的な返済額に大きく影響します。

また、ポイント還元や会員優遇による得点により、金利以上のサービスを受けられることとなり、お得に利用することも可能です。

リボ払いは高額な手数料がかかる

クレジットカードのショッピング枠において、リボ払いを利用することは高い手数料が発生しているといった認識がないことがあります。

そもそも、クレジットカードでリボ払いを利用した際、毎月の返済額が低額に抑えられるものの、高い利息だけが発生し、利用した金額が減り難いといった問題があります。

リボ払いで適用される実質金利は、一般的に15.0%が多く、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングよりは低金利です。リボ払いにより高額な商品の購入は向かないものの、少額で短期間での返済には非常におすすめです。

ただし、高額商品を購入する場合はより金利の低いフリーローンが非常におすすめであり、特に金利が10%以下というものが多くあります。

クレジットカードのリボ払いは金銭感覚がおかしくなる

クレジットカードのリボ払いを利用し続けることで、金瀬感覚がマヒすることがあります。リボ払いの場合、高額商品を毎月の返済金額が低額で購入出来てしまい、あたかもお得に商品を購入した感覚に陥ります。

しかし、実際には返済を先送りにすることで商品を安価に購入しているだけであり、多用した場合は最新商品をお得に購入できるといった誤った感覚を持ってしまいます。結果として、クレジットカード自体が魔法のカードのような感覚となり、金銭感覚がマヒしてしまいます。

極めつけは、キャッシング枠までもリボ払いで利用することであり、気付いた時点では利息で返済額がどんどん増加していることもあり得ます。リボ払いを利用する場合は、返済計画をしっかりと検討することがポイントとなります。