クレジットカードのキャッシングと消費者金融

クレジットカードのキャッシング機能は外せる

クレジットカードのキャッシング機能は、クレジットカードへ契約の変更申請をすることで外すことが出来ます。

ついつい、クレジットカードの契約を行う際、キャッシング枠を最低限度額の10万円で契約しがちですが、様々なポイントカードや会員カードにもクレジット機能だけでなくキャッシング機能が付随し、貸金業法の総量規制に抵触してしまいます。

このような場合、フリーローンや教育ローン、自動車ローンの審査に影響も出るため、キャッシング機能を外すことが必要です。

現在は、パソコン以外にもスマートフォンからクレジットカード会社のホームページにアクセスすることができ、簡単に契約を変更することが可能です。これにより、無駄と考えるキャッシング機能を徹底的に外すことが可能です。

しかし、重要なことはクレジットカードを無駄に増やさない、キャッシング機能は契約しないことが一番重要です。

クレジットカードのキャッシングの金利負担はリボ払いとほぼ同じ?

クレジットカードのキャッシングの金利負担は、ショッピング枠のリボ払いとほぼ同じかというと実質金利で差が生じます。

基本的に100万円未満のキャッシングについては、多くのクレジットカードが金利18.0%が適用され、ショッピング枠のリボ払いにについては15.0%というケースが多くなっています。

金利3%の差は非常に大きく、毎月の利用残高により利息が変動するリボ払いは金利以上の返済が必要になることもあります。

クレジットカードのキャッシングについては、消費者金融のカードローンと同様のものであり、高額商品を購入する場合は銀行のフリーローンの方がお得です。

実際にどちらがお得かと言えば、商品が現物として残るリボ払いの方が金利負担も少なく、万が一の際には商品を処分して返済に充てることも可能です。

クレジットカードのキャッシングを使わないなら0円にしておくのが無難

クレジットカードのキャッシング枠は利用しないのであれば、『付帯しない』すなわち『0円』にするのが一番おすすめです。

ついつい、クレジットカードを契約する際、キャッシング枠を10万円程度で契約してしまうことがありますが、複数枚のクレジットカードを所有すると50万円はたまた100万円といったキャッシング枠になっていることもあります。

これが原因により、金利の低いカードローンやフリーローンを契約出来ないといった原因になるため、利用しない場合は0円にするのが無難というよりも鉄則です。

キャッシング枠は、カードローン契約と同様に利用していなくとも借金と見做されるため、将来的に与信情報として不利になります。

クレジットカードの海外キャッシングのみを利用することは可能

クレジットカードの海外キャッシングのみを利用することは可能です。ただし、そうしたい場合、必ずクレジットカードを作る際にキャッシング枠というのがあることをチェックしましょう。

これがなければ、いくら海外のATMでそのカードが対応の機械であってもお金を引き出すことはできませんので、キャッシングができるかを確認すること、そして、そのキャッシングできる金額のリミットがいくらかというのをチェックしましょう。

それをした上で、海外のATMで、その金額以内に収まる現地通貨を引き出せます。

クレジットカードを使ったキャッシングと、消費者金融からの借入ではどちらがお得なの?

クレジットカードのキャッシングと消費者金融のカードローンを利用した借り入れでは、どちらがお得かというと『金利面ではどっこいどっこい』というのが事実です。

どちらも貸金業法が適用され、総量規制内での利用限度枠となるため、日本人の平均年収を考えた場合は多くの方が金利18.0%となってしまいます。

ただし、あくまで金利面であり、機能面ではクレジットカードの方がお得であり、利用及び返済により、ポイント還元やサービスを受けることが出来ます。

また、新たに借り入れ先を増やすこともないため、無利息期間がある消費者金融のカードローンと比較しても、クレジットカードの方がお得となります。

金利面での差が無い場合は、断然サービス面で比較することが重要であり、ポイント還元の高いクレジットカードでのキャッシングの方がトータル的におすすめです。